東京

東京~秋田【新幹線・飛行機】の格安な往復方法を徹底調査!

東京 秋田 新幹線

 

東京~秋田で新幹線・飛行機の格安な往復方法を徹底調査
新幹線は、えきねっと・モバイルSuica・学割・新幹線ホテルパックなど。
飛行機は、ツアー・早割・格安航空券で安くなる。

その中でも、

新幹線で往復&宿泊するならこれが格安!

日本旅行『新幹線+宿泊』プラン

往復新幹線とホテルがセットになった新幹線ホテルパックツアー。
東京~秋田なら、通常きっぷを買うよりも1人約8,200円お得
2人以上で利用するとさらに安く、2人で合計24,000円安くなる
列車・ホテルの選択肢も多く、チケットは自宅などへ無料宅配。
東京・上野発、秋田発とも、特に2人での往復&宿泊はこれが格安

では、まずは新幹線の格安な往復方法の確認から!

 

東京~秋田を新幹線で格安に!

東京~秋田の正規料金は「こまち」指定席で片道17,800円、往復35,600円。
この正規料金より安くなる割引きっぷの片道・往復料金は?

東京~山形の新幹線【割引きっぷ】料金一覧

まずは、東京~秋田の新幹線料金(通常期)を一覧で紹介。
東京発・山形発とも使える方法は同じ。
片道・往復の料金が安いのは?

指定席・自由席料金 片道 往復
指定席通常料金 17,800円 35,600円
往復割引 指定席 16,810円 33,620円
トクだ値10 16,000円 32,000円
モバトク 15,540円 31,080円
トクだ値15 15,120円 30,240円
こまち4枚回数券 14,260円 28,520円
新幹線パック(1人) 13,700円 格安!
スーパーモバトク 13,510円 27,020円
お先にトクだ値30 12,450円 24,900円
新幹線パック(2人) 11,800円 格安!
お先にトクだ値35 11,550円 23,100円

片道料金だけで比較すると、東京~秋田で最も安いのは「お先にトクだ値」。
しかし、簡単に購入できないので、往復&宿泊する場合は新幹線ホテルパックがお得

新幹線料金について解説

東京~秋田の新幹線移動には秋田新幹線「こまち」を利用する。
所要時間は約3時間50分、営業キロ数は約662キロで往復割引の利用が可能。

東京~秋田では、往復分の乗車券を同時購入すると、往復割引で運賃が1割引になる。
往復割引は当日にきっぷを買っても割引になり、学生であれば学割との同時利用も可能。

学割を使うと、乗車券は2割引、往復割引との同時利用でさらに1割引。
学割・往復割引で、指定席には15,040円で乗ることができる。

また、秋田新幹線の東京~秋田間では「こまち4枚回数券」という回数券の利用も可能。
回数券は6枚単位での販売が多いが、この区間では4枚1セットで販売している。
料金は普通車指定席4枚で57,040円なので1枚14,260円。

しかし、それ以上に料金が安いのが、「モバイルSuica特急券」と「えきねっと」。

モバイルSuicaに会員登録している方は、モバイルSuica特急券で秋田新幹線は安くなる。
モバトクなら15,540円と通常料金より2,260円安く、スーパーモバトクなら13,510円なので4,290円安い。
ただし、これを利用できるのは登録した会員本人のみで、同伴者は利用できない。

また、東京~秋田の新幹線料金はえきねっとの「トクだ値」を利用しても料金は安くなる。
通常料金17,800円のところ、10%割引のえきねっと「トクだ値10」で16,000円、15%割引の「トクだ値15」で15,120円。
さらに、13日前までに購入が必要な「お先にトクだ値30」なら12,450円、「お先にトクだ値35」なら11,550円になる。
モバイルSuica特急券とは違い、空席があれば複数でのきっぷ購入も可能。

ところが、えきねっと「お先にトクだ値」は発売後すぐに売り切れてしまうことも多い。
東京-秋田間ではそれほど早く完売する様子はないが、それでも早も予約は絶対条件。
しかも、利用しやすい列車に設定されているのは「お先にトクだ値30」が多く、全て35%割引になるわけではない。

東京~秋田間では「お先にトクだ値」も安いが、往復分の購入は難しいので、往復&宿泊での新幹線利用時には新幹線ホテルパックの料金はチェックしておきたい!

新幹線ホテルパックの往復料金は格安!

東京~秋田で新幹線パックを探してみると、往復&1泊で32,500円というプランがある。
往復で利用する新幹線は「こまち」の指定席、宿泊するのは1泊5,100円のホテル。
このプランから宿泊料金を引いて新幹線料金を計算すると、片道の料金は13,700円

さらに、このパックは2人以上で利用すると安く、往復&1泊の料金は1人28,700円。
この時の新幹線料金は、片道1人11,800円と安い。
通常料金での往復&1泊料金(40,700円)と比較すると、1人利用時で8,200円、2人以上なら1人12,000円格安

では、他の方法で往復&1泊した時の料金をまとめて比較してみよう。

 

東京~秋田 往復・1泊5,100円の合計は?

40,700円:指定席通常料金
38,720円:指定席往復割引
36,180円:モバトク
35,340円:トクだ値15
32,670円:トクだ値15+30
32,500円新幹線ホテルパック(1人)
32,120円:スーパーモバトク
30,000円:お先にトクだ値30
29,100円:お先にトクだ値30+35
28,700円新幹線ホテルパック(2人)

お先にトクだ値が往復分購入できない場合、新幹線ホテルパックを使うと格安!

 

おすすめの格安新幹線ホテルパックはこれ!

日本旅行『新幹線+宿泊』プラン

新幹線と宿泊をセットで予約する新幹線ホテルパック。
東京~秋田の往復&宿泊の合計は、通常きっぷより1人約8,200円安い
2人で利用するとさらに安く合計24,000円お得
出発3日前まで予約可能で、チケットは自宅への無料宅配。

 

東京~秋田を飛行機で格安に

東京~秋田は飛行機で移動するなら、羽田~秋田空港で直行便を利用する。
運航しているのはJAL・ANAの2社で、正規料金は27,890円(ピーク期30,290円)。
そして、飛行機の料金はツアー・早割・格安航空券で安くなる。

飛行機ツアー(航空券+宿泊)が安い!

同じ区間を往復&宿泊するなら、飛行機もパックツアーが安い。
特に1週間以上前に予約できれば、JAL・ANAのツアーも格安!
例えば、1泊5,600円のホテルで泊まるパック料金は、1泊2日で21,200円。
利用する便によって料金は変わるが、この時の片道航空券料金は7,000円台と格安!

楽天トラベル
JAL・ANAのツアー予約が簡単!高額クーポンもお得!

るるぶトラベルツアー
JAL・ANAツアー料金の比較が簡単!割引クーポンでさらに格安!

なお、1週間以内の直前予約はこれほど安くはならない。

航空券は早割が安い!

各航空会社の公式サイトではいろいろな航空券が販売されている。
その中でも特に安いのが「早割」。
JALなら特便割引・先得、ANAならバリュー・スーパーバリューなど。
例えば、JALの特便割引なら9,000円台~24,000円台、先得なら9,000円台から。
なお、早割は購入後の変更ができないので注意したい。

格安航空券予約サイトは料金比較が簡単!

JAL・ANAの航空券料金をまとめて一度に比較できるのが格安航空券予約サイト。
航空券の価格は公式サイトと同じくらいだが、料金の比較は簡単。
利用する日程で最も安い航空券の料金を簡単に調べることができる。
格安航空券予約サイト-skyticket.jp-

新幹線・飛行機(時間・料金)を比較

東京~秋田の移動は新幹線・飛行機のどちらが早くて安いのか?
東京駅~秋田駅までの時間と料金を比較!

所要時間を比較

まず、新幹線の所要時間は「こまち」で約3時間50分。

飛行機の場合、東京駅から羽田空港までは約30分。
空港内の移動時間と搭乗手続きで約50分、フライト時間が約1時間10分。
空港内移動時間20分と、秋田駅までのバスでの移動時間35分の合計は3時間25分。

大きな差ではないが飛行機の方が若干早い。

料金を比較

正規料金を比較すると、飛行機27,890円、新幹線17,800円と新幹線が安い。
しかし、新幹線も飛行機も、どちらもツアーを利用すると安くなる。
パックツアーの料金に空港までのアクセス費用を加算して料金を比較したい。

まず、新幹線パックの場合、1人なら33,000円、2人以上なら1人29,200円。

これと同じホテルに泊まるパックを1週間以上前に予約すると1人21,200円。
これに、東京駅~羽田空港の往復料金1,300円と、秋田空港~秋田駅往復1,860円を加算。
すると飛行機パック利用時の料金は1泊2日で24,360円。

もし、1週間以上前にパックツアーを予約できるなら、新幹線より飛行機が安い。
ただし、飛行機は利用する便によって料金が変わるので注意したい。

楽天トラベル
JAL・ANAのツアー予約が簡単!高額クーポンもお得!

るるぶトラベルツアー
JAL・ANAツアー料金の比較が簡単!割引クーポンでさらに格安!